2007.03.20

スクーリングレポ −実習開始−

 


スクーリング二日目。 教室を変えて実習が始まりました。
昨日は先生の作業を見るだけでしたが、今日は自分たちも分割や成形、焼成を行い
一通りの流れを教えていただきながら、プロの機械で実践です。

生地の状態や成形の仕方で、今までダメダメだったこといっぱい発見しちゃいました。てか、ほとんど(笑)
クープも正しい方法が何となく分かった気がします。

明日以降も実習は続きますが、楽しみなのは手捏ねの実践とクロワッサン♪
クロワッサンに関しては手間の掛かる作業みたいだけど学校でならやってみたい〜
一度は経験しておかないとね。


最後に本日のランチをご紹介します。
なんと西洋料理の先生が作って下さっているんですよ。美味しいに決まってます。

  
フォカッチャとカイザーセンメルのサンド。押し麦のスープ。


あすの手ごねに向けて体力を蓄えておかないと・・・・・・
短めのレポートで終了します。



****************
コメント有り難うございます♪
お返事、明日には書けると思います。遅くなりゴメンなさい。




パン作り ・ 料理写真

ファイブ ブログランキング  いつも応援ありがとうございます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほまこ at 23:30 | 大阪 ☀ | Comment(2) | ●その他日々について
この記事へのコメント
ほまこさん、こんにちは♪
すごいですね〜!このピザ!かなりの迫力!美味しいの間違いなし!ですね。
パンもお菓子もある程度大きく焼いた方が美味しいといいますもんね。

でもやっぱり家庭での手ごねは限界があるんですね〜・・・分かっているけど何か違うわけですね。う〜ん、結構叩いたりしますか?レシピによっては、あまり叩かなくてよかったり、叩かないといけないものもあったりと色々ですよね。
Posted by おすず at 2007年03月22日 10:33
おすずさん コンニチハ♪
ピザ美味しそうでしょ〜〜思い出すだけでも・・・(*^_^*)
こんなに大きいのは物理的に無理だけど、お家の天板いっぱいに焼いてピザパーティーしたいっ!と思いました。

確かに手ごねは機械に勝てませんが、家庭用の機械なら最終仕上げ手ごねで様子を見てあげる方が良いみたいですよ。
学校の機械はスピードや羽の種類で捏ね分けるから素晴らしい生地が捏ね上がりますが、家庭用は細かく設定出来ませんしね。
テーブルロールの手ごねは結構叩きました;
油脂の投入タイミングにも依ると思いますが・・・
手ごねで「捏ねすぎる」ことは無いようですよ(^^)
Posted by ほ♪おすずさんへ at 2007年03月22日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

【TOP】

Powered by Seesaa
Copyright(C)2006-2007 smile de kitchen All Rights Reserved.